key_know-03


pic-31

自分でムダ毛の処理をする際に除毛クリームをご使用になる方は多いと思いますが、正しい使用方法はご存知でしょうか?キレイに除毛できるので大変重宝するアテムではありますが、使い方や除毛後のケアを間違えると、肌の炎症や色素沈着につながる恐れがありますので、用法容量は正しく把握しておきましょう。そこで今回ピカリでは、除毛クリームの使用方法や仕組みなどをご紹介していきます。



そもそも除毛クリームってどんなもの?



皆さんが良く使用されているであろう除毛クリームとは、ムダ毛が気になる箇所に塗り一定の時間をおくことでムダ毛を除去できるクリームです。脱毛と違い、一時的に表面に出ている毛を溶かしているだけなので毛根に影響はありません。

カミソリや毛抜きよりも簡単できれいに処理ができるため、良くご利用になる女性も多いと思います。除毛クリームの効果は他の剃毛脱毛よりもツルツルに仕上がるので処理後の肌触りや見た目も良いのですが、除毛剤の成分でかぶれや炎症などの肌トラブルを起こす可能性もあり、お肌へのトラブルの原因にもなりえます。

そして除毛クリームにはいくつかタイプがあり、使用目的により違いがあります。



除毛クリームにはいくつかタイプがある



除毛クリームのタイプがあり、ローションや乳液、ジェルタイプなど様々な種類があります。敏感肌の方や毛の長さに応じたクリームあり、今では幅広い除毛クリームが販売されていて、どれが自分に合ったものか比べるのも一苦労ですよね。ですが、どのタイプも基本的な脱毛のメカニズムに大きな違いはありませんので、自分が使いやすいと思う除毛クリームを試してみて見つけましょう。

使用時は、必ず注意書きを読み、パッチテストで肌に異常が起こらないか確認することをお忘れなく。肌に合わない除毛クリームは、お肌のトラブルの原因となりますので、必ず用法容量は守りましょう。



除毛クリームはどのような成分でできているのか



除毛クリームは肌に塗るとその箇所の毛が溶けるという、なんとも不思議な効能があるものですが、どのような仕組みでそうなるのでしょうか。

除毛クリームにはチオグリコール酸カルシウムという物質が入っており、アルカリ性の性質を持っており、人の毛はアルカリ性に弱く、チオグリコール酸カルシウムが毛のたんぱく質を溶かしているので脱毛が可能になります。ですが肌のたんぱく質にも負担がかかるので、決まった時間を超えて塗布するのは大変危険です。かぶれ、炎症などの肌トラブルの可能性があるので、きちんと守りましょう。




パッチテストは必ず実行!



除毛クリームを使う前は必ずパッチテストしましょう。化粧品や薬品が自分に合うか確認するために、自分のお肌の小さな範囲でテストする事をパッチテストといいます。もしパッチテストをせずに除毛すると、肌の広い範囲でいっぺんにかぶれや炎症、アレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があり大変危険です。 お肌に合わなかった場合除毛クリームの肌への強い影響があるため、必ずパッチテストを行い、問題がないことを確認してから使用しましょう。

また、体調がすぐれないときの肌はとても敏感になります。疲労がたまっていたり生理中だったりと体調が万全でないときは使用は控えましょう。必ず体調が良い時に使用しましょう。



除毛後のお肌のケアは必須



ムダ毛処理の後のお肌のケアを怠ってしまいがちですが、アフターケアはしっかりとしておきましょう。除毛クリームは刺激が強い商品のため、除毛後には十分な保湿をしてあげましょう。

肌はダメージを繰り返すことで、黒ずみの原因ともなります。せっかくキレイに脱毛できてもお肌のケアができてないと、お肌トラブルで後悔してしまっては元も子もないですよね。脱毛後もしっかりケアをしてきれいなお肌を保ちましょう。




除毛クリームを使用すると、脱毛が簡単で仕上がりもきれいになり、大変楽で便利ですが、使用頻度が高くなるとお肌へのダメージが蓄積される可能性もあり、中々難しいところです。ムダ毛は処理したいけれど、できるだけ肌へのダメージは抑えたいと考えている方は、使用前と使用後の注意点をしっかり守るようにしましょう。

また、除毛クリームを繰り返し使うよりも、脱毛サロンで処理をした方が肌には優しいので、ピカリではそんなあなたの為に自宅で行うよりもきれいに仕上げられる、脱毛プランをご用意しておりますので、お気軽にご相談、お問合せくださいませ。




key_know-03


pic-36

日頃のムダ毛のケア、あなたはムダ毛処理をどこで行っているでしょうか?
恐らく多くの方がお風呂場でムダ毛処理をしたことがある、または普段からお風呂場でしかムダ毛を処理しないという方がたくさんいらっしゃると思います。他人の目を気にしなくて済みますし、お湯や水がすぐ近くお風呂場は、ムダ毛処理に最適ですよね。ですが実際はお風呂場はムダ毛処理をするのには適さない場所なんです。今回ピカリでは、日々のケアをお風呂場で行っている方へのアドバイスを紹介していきたいと思います。



人は何故お風呂場での処理を好むのか



お風呂場は他人に見られることがないのでムダ毛処理には大変都合がいい場所ですよね。更にお湯や水がすぐに使えて体をすぐに流せますし、なにより煩わしい処理なのでお風呂に入るついでに済ませたいと、理由は沢山あると思います。

しかし、お風呂場でのムダ毛処理はおすすめできない理由があります。
お風呂場は雑菌が繁殖しやすい理由としまして、水気が多く湿気が多い場所になります。それにより、カミソリで傷ついた肌に雑菌入り込んだり、使用後のカミソリを濡れたままお風呂場に放置してしまってたり、お風呂で温まった肌がカミソリで傷つくと、毛穴が広がる原因になったりと、お風呂場でのムダ毛処理により肌に多大な影響を与えてしまうといった理由が挙げられます。



ムダ毛処理に最適な場所は



お風呂場がNGとなるとどこで処理したらいいのでしょうか?家の中で最適な場所はあるのでしょうか?


ムダ毛処理に最適な場所やタイミング



ムダ毛を処理しているところは家族でも見られたくないものです、そうなると自分の部屋や寝室などのプライベートな空間になると思います。落ち着いて処理することができる場所が最適になります。

ムダ毛処理を処理するのに好都合なタイミングとしてはやはり、お風呂上がりになります。お風呂で柔らかくなったお肌はとムダ毛は、カミソリの刃のあたり加減が程よくなります。

ムダ毛処理の際の手順として、まず肌の水気をよく拭き取りましょう。そして、シェービングジェルや除毛用のクリームなどを塗るようにしましょう。ジェルは洗い流さないタイプだと部屋で使う際に便利です。毛の生え方に沿って上から下へカミソリを滑らせるように剃りましょう。その際そるのは2度3度と繰り返さずに1度で済ませましょう。そして最後にしっかりお肌を保湿をするようにしましょう。



剃刀の刃は清潔に



使用後のカミソリは必ず水洗いしてしっかりキレイに保管しましょう。清潔なタオルやティッシュなどでよく水気を拭き取り、風通しのよい場所に保管するようにしましょう。濡れたままカミソリを放置すると錆びたり、刃がが劣化してしまい、そのままお肌を剃ると大変危険ですし、不衛生です。
カミソリは消耗品なので、基本的には1カ月に1度は交換するように心がけましょう。カミソリの刃に違和感を感じたり、劣化を感じたらすぐに新しいものと交換し、常に清潔な刃で剃るようにしましょう。



やはり手間のかかるムダ毛処理に時間を掛けたくない



ムダ毛処理は、時間も手間もかなりかかってしまいます。気になる箇所を全身ともなると、一日つぶれてしまう事もありますし、とても面倒で煩わしいと感じるはずですし、ムダ毛処理を繰り返していると、肌を傷つけたり、色素沈着の原因にもなります。

ピカリではそんな貴方のわずらわしさや肌トラブルの心配から解放するためのお手伝いを致します。やはりムダ毛の処理をキレイに行うのであれば、専門のプロにお任せするのが一番良いです。サロンやクリニックの脱毛なら、煩わしい手間もなくなりますし、お肌へのダメージも軽減され、お肌の美しさを保つことができます。




key_know-03


pic-04

男性ほどの毛量ではないにしろ、女性でも胸の周りにムダ毛が生えてくる方もいらっしゃるでしょう。
バスト周りのムダ毛の処理にお困りの方も多くいらっしゃることと思います。皮膚も薄くデリケートな胸は、ムダ毛の処理はとても注意が必要になります。今回ピカリでは胸のムダ毛処理をする際の注意点を紹介していきます。

胸周りのムダ毛について



男女問わず、毛の薄い人、濃い人、胸周りのムダ毛が生える人と生えない人と人によってさまざまですが、なぜ胸にムダ毛は生えてくるのか。生える人と生えない人との違いとしては、ホルモンバランスの乱れだったり、授乳期などの刺激による変化や男性ホルモンの分泌量の違いなどが様々ですが、明確な医学的根拠は立証されていません。そもそも、体毛が生えるメカニズムとして「ホルモンバランス」が密接に関係しており、女性だと特に年齢とともに変化する・思春期・妊娠期・更年期によって、それぞれのホルモンバランスが変化していることにより、胸のムダ毛が生えるタイミングも人によって千差万別となるため、人によっては生えたり生えなかったり、生える時期も人それぞれと言う事になります。

胸周りのムダ毛処理の際の注意点



ムダ毛処理として多くの人が使われるのが、カミソリやシェーバーによる処理。毛抜き、除毛クリームなどによる処理だと思います。このようなムダ毛処理方法は腕や脚などでは広く使われていますが、皮膚も薄いデリケートな胸の部位ともなると他の部位よりも気を付けないといけない箇所になります。

カミソリ、シェーバーでの処理




カミソリやシェーバーは手軽にムダ毛処理ができますが、肌への負担が大きいというデメリットもあります。一番の要因として、カミソリやシェーバーの刃が肌の表面を傷つけてしまう事が挙げられます。カミソリやシェーバーで処理をするなら、必ず保湿ローションやクリームで肌を保護してからムダ毛処理をするようにしましょう。

毛抜きでの処理




毛抜きでムダ毛処理の上がりはきれいに行うことができますが、無理にりムダ毛を引き抜くと毛穴に雑菌が入り、炎症を起こしたりニキビができてしまう事が多いです。なので、毛抜きでの胸のムダ毛処理は余程慣れた専門のプロでも難しいので、あまり行わない方が良いです。

除毛クリームでの処理




除毛剤には、クリームタイプやワックスタイプがあり、除毛薬などで処理をする場合、人によっては肌質に合わずアレルギー反応を起こす可能性がありますので、敏感肌の人などは特に注意が必要です。だからこそ除毛剤を用いるときには、注意書きをよく読むだけでなく、必ず肌へのパッチテストを必ず行って、大丈夫なら処理を行いましょう。

胸のムダ毛をするならサロン脱毛へご相談ください



自分でムダ毛の処理を行う場合は、肌へのダメージが大きいこと言う事は認識されたかと思います。より安全ににデリケートな部分のムダ毛処理を行いたいのであれば、やはり専門のエステなどで処理をするのが一番いいです。

胸のムダ毛処理は、繊細な箇所なため自分での処理は難しいと言う事はご理解いただけたかと思います。女性の体の中でも大変デリケートな部分でもある胸の周りの脱毛は、サロンなど、プロにお任せしましょう。脱毛サロンで胸のムダ毛を脱毛すれば、痛みもほとんどなく煩わしい処理もなくなります。
ピカリではムダ毛でお悩みの方からのご相談に随時お答えしておりますので、お気軽にご連絡ください。


key_know-03


pic-38

日頃の手入れが面倒で処理が不要になるキレイな肌に憧れて永久脱毛したけれど、、、また生やしたくなるなってしまう女性も多いと思います。もちろん女性に限らず、永久脱毛したけどまたヒゲを生やしたたくなることもあると思います。そんな時、また毛を生は生えてくるのでしょうか?今回ピカリでは、永久脱毛を考えてるけど、もしまた生えしたくなったら、、と考えている方へ永久脱毛についてご紹介していきたいと思います。



スタッフと相談しながら脱毛プランを立てましょう



永久脱毛の際に考えておくこととして、脱毛後、本当にその毛が一生生えなくても問題ないかということになります。実際日々手入れが面倒な箇所はなくなっても問題ないと思いますが、まずはよく考えてみましょう。

そもそも永久脱毛とは、医療機関で医師によって行われる医療行為にあたります。脱毛サロンやエステよりも強い出力のレーザー照射により、毛の細胞や毛根を破壊し、毛が生えないようにします。破壊された細胞から毛が生えてこなくなりますので、その後その箇所から毛が生えることはなくなります。

女性も同様で、日々の手入れが面倒で、若い時はいろんなファッションをしたくて、不要な毛を脱毛したり、VIOやハイジニーナをして、後々、脱毛を後悔したとしてももう生えてくることはありません。温泉や大浴場などで周囲の目線を気にしてしまう方も結構いらっしゃいますので、気にならない方は問題ありませんが、人間の価値観は年月で変化しますので、実際にその状況にならないとわからないこともありますので、判断は難しいところです。

永久脱毛は完全に毛が生えなくなるわけではない



先ほどは永久脱毛をすれば、毛根を破壊し再度毛が生えてくることはないと言いましたが、実は永久脱毛をすれば必ずしも毛が1本も生えてこなくなるとは限りません。

永久脱羽毛の定義としまして、「最終脱毛から1ヶ月後、毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛」と定義されています。それによって、1ヶ月後に毛が10%ほど再生したとしても、永久脱毛となります

クリニックで施術を行えば大体90%の毛は脱毛できますが、施術後も僅かに産毛のようなものが生えてくる事が多いようです。



永久脱毛のはずなのになぜ毛が生えるのか



人間の毛には毛周期と言われている生え替わりのサイクルがあり、脱毛の際は、毛が伸びようとしてくる成長期にレーザーを照射することで効果を発揮します。
しかし、実際には全ての毛にタイミングが合わせることはできず、レーザーによる毛根破壊を逃れてしまう毛がどうしても出てしまいます。脱毛を逃れた毛は脱毛完了後にも残ってしまい、更には色が薄く細い産毛はレーザーを照射しても十分な反応が見られないことがあり、処理し損ねた毛が成長して太い毛として現れてくることもあります。



エステサロンの脱毛について



エステサロンの脱毛は、永久脱毛ではありません。場合によってはこちらの方が都合がいいという方も多くいます。

エステサロン脱毛のメリット
エステサロンでは、少額で施術ができ、SHR脱毛などの痛みを感じにくい施術方法を採用しているエステサロンも多くあります。痛みが苦手な方でも受け入れやすいです。永久脱毛ではなく多少の産毛が残ってしまうこともありますが、通い続けるうちにムダ毛が目立ちにくくなり、ムダ毛のないきれいなお肌になります。

エステサロン脱毛のデメリット
エステサロン脱毛のデメリットとしてあげられるのは、施術完了までの期間が長いことです。照射力が穏やかなため、ムダ毛が気にならなくなるまで10~20回ほど通うことになります。よって、エステサロンへ頻繁に通うのが煩わしいと感じたり、途中で中々いかなくなったりと、時間を確保する必要があります。


男性も女性も、永久脱毛により毛を完全に無くしてしまうのがどうしても不安だったり、後々後悔してしまわないか、脱毛はしたいけど、お悩みな方はどうすればよいでしょうか?

永久脱毛を断念するのも手ですが、脱毛箇所を限定してを施術を行う方法が一般的です。一番手入れの頻度が多く、不要だとと思う箇所は永久脱毛し、それ以外の箇所は、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりと今まで通りのケアになりますが、手間はだいぶ減ると思います。
ピカリではもしくは、もう手入れを気にする必要もなく、必要な箇所以外をデザイン脱毛することもできますので、お気軽にご相談ください。




key_know-03


pic-41

自分では中々背中をきちんと見ることはできなくて、ケアも難しい箇所なうえに、背中はニキビができやすく多くの女性が背中のケアで悩んでいることと思います。かといって放っておくと大事な時に後悔してしまう事も…。そこで今回ピカリでは背中の脱毛とニキビ対策についてご紹介していきます。


気になる背中のしつこいニキビには、脱毛が効果的?


背中のムダ毛処理を行うことで背中ニキビが改善に繋がります。
背中にニキビができるメカニズムから紹介していきます。ニキビができる前の期段階である白ニキビが発生し、白ニキビが赤く腫れて本格的なニキビになると自然治癒に時間がかかります。まだ悪化する前の白ニキビなら自然治癒も早く、元の肌に戻りやすいため、白ニキビのうちにケアをしていきましょう。

白ニキビについて



白ニキビが発生する主な原因として、肌の乾燥やストレスや不規則な生活や睡眠不足、体の疲労などの影響で交感神経が活発になると、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが必要以上に分泌されます。男性ホルモンには、皮脂分泌の促進、毛穴の縮小や角栓発生を引き起こしてしまいます。それらが原因となって角栓が詰まり皮脂が閉じ込められ、白ニキビが発生してしまいます。

赤ニキビになる前に



人の皮膚にはマラセチア菌という菌が存在し、このマラセチア菌は皮脂で増殖してしまいます。白ニキビは皮脂が毛穴に大量に閉じ込められたもので、マラセチア菌が増殖するには大変好条件となります。

ニキビの中にマラセチア菌が入り込むと、皮脂に含まれる中性脂肪が遊離脂肪酸という刺激物質に変化し、ニキビをさらに悪化させます。ニキビが赤く腫れ上がるまで進行すると、お肌の回復に時間がかかってしまい、ニキビ跡が残る事も多くなるので、その前の段階でケアを行うのが望ましいです。

背中は汗をかきやすく老廃物がたまりやすい



背中には沢山の産毛が生えていて、汗や皮脂をため込みやすい環境になっています。主にそれが背中にニキビができてしまう原因となっています。背中はたくさん汗をかいていて、汚れが溜まりやすく不衛生になりやすいです。お風呂で毎日きれいに洗っているつもりでも、汚れを落としきれないことが多いです。
汗や汚れをため込まず、背中ニキビを予防し改善するためには、背中の産毛を処理するのが効果的ですが、背中は手が届きにくくケアが難しいと思います。


背中に生えた産毛、ムダ毛を処理するには


自分でムダ毛の自己処理を行う時は、カミソリや電動シェーバーやワックスなどで行うことが多いと思いますが、背中の処理となると手の届かない箇所が多く、一人での完全なケアは難しく、全部剃れなかったり、肌を傷つけてしまう場合もあります。
そこでピカリでは、背中をキレイに安全にケアするためにお店などで、プロによる施術で解決することをお勧めします。


背中脱毛やケアでの注意点


肌の調子が悪かったり、日焼けをしたりしていると脱毛できない可能性がありますので、脱毛の際は日頃から気をつけてお肌のケアをしっかりとして、コンディションを整えておきましょう。
背中を洗う際に気を付けておきたいのは、力任せに強く洗いすぎないようにしましょう。体を洗うタオルはナイロン製のものを避け、刺激の弱いボディーソープなどでやさしく洗いましょう。
海やプールで水着になる季節や背中を見せるファッションをする予定がある場合など、脱毛サロンに行く前に店頭スタッフにご相談してください。脱毛後しばらくは日差しなどの刺激は厳禁で、いつもより肌を保護してあげないといけませんので、夏など、背中を出す機会も多くなると思いますが、シーズン前にしっかりケアをしておきましょう。


key_know-03


pic-44

最近はやりのブラジリアンワックス。美容に興味関心のある女性なら一度は試してみたいとお考えではないでしょうか?アンダーヘアを一気に処理できるということで、興味を持ったり実際に試したりした方もいらっしゃることでしょう。しかし、自分で行うブラジリアンワックス脱毛にはデメリットもありますので、注意する必要があります。 そこで今回は、ブラジリアンワックスのメリットとデメリット、注意点を紹介していきます。

ブラジリアンワックスってなんだろう?



ブラジリアンワックスとは、主にVIOラインのアンダーヘアを脱毛する方法の事を指します。具体的にはアンダーヘアにワックスを塗り、固まったワックスをはがすことで、同時にムダ毛も抜けるというもので、日本ではまだそれほど知名度が高くありませんが、アメリカでは美容に関心のある女性が日常的に行うほどポピュラーな脱毛方法です。

一部雑誌などで取り上げられてから多くの人が試したり、専門のサロンもできて、多くの人に知られることとなりましたね。

ブラジリアンワックスのメリットってなんだろう?



ブラジリアンワックスによるアンダーヘア脱毛には、どのようなメリットがあるのか、エステやサロンでの脱毛と何が違うのでしょうか?

毛根から抜くため美しく仕上がる



ブラジリアンワックスでは、アンダーヘアを毛根から引き抜くことで脱毛します。そのため、カミソリなどでの処理に比べてはるかにきれいに脱毛することが可能です。

ただし、永久脱毛ではないため2週間ほどで新しい毛が生え始め、1カ月半ほどで生えそろいます。きれいな状態を保つためには生えそろってから再びワックス処理を行うことをおすすめします。

サロンでの脱毛より断然安上がり



自分で行えば、サロンでのブラジリアンワックス脱毛と比較すると断然安くなります。経済的な心配をそれほどせずに脱毛できることも、大きなメリットです。

短時間で脱毛が完了してしまう



VIOラインを脱毛するには、通常はそれなりの時間が掛かりますが、ブラジリアンワックスの場合は広範囲を一気に脱毛できるため、短時間で処理が終わります。


pic-26

ブラジリアンワックスのデメリットってなんだろう?



メリットは大体理解できたと思いますが、ではブラジリアンワックスのデメリットとは何でしょうか?

肌への負担がかなり大きく、大体の人が痛がる



ワックスを一気にはがして脱毛するブラジリアンワックスは、お手軽にできるものですが、お肌への負担が大きい脱毛方法です。ムダ毛と一緒にお肌の健康的な角質をはがしてしまうため、敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

埋没毛などお肌トラブルの原因に



自分でブラジリアンワックスを行うと、埋没毛や内出血などのトラブルを引き起こす可能性があります。どちらも、デリケートな部分の見栄えが美しくないお肌トラブルの代表例になります。

コツをつかむまで時間がかかってしまう



自分で行うブラジリアンワックスは結構難しくコツをつかむまで時間がかかってしまいます。お肌だけ傷つけてしまい、痛いだけで全然脱毛できなかったなど、自分で行うよりも、ブラジリアンワックス専門店で施術してもらったり、やり方を教わりながら処理するのが良いかもしれませんね。


ブラジリアンワックスを自宅でも取り入れるためには



自宅での脱毛で、ブラジリアンワックスを取り入れられれば、普通の脱毛よりもとてもお手軽で便利な時間の短縮にもなります。しかしながらセルフ脱毛に関してはお肌へのダメージやトラブルなど、不安は多いと思います。本場アメリカほどブラジリアンワックス専門のサロンが一般的ではないのも、敷居の高さを感じるところだと思います。

ブラジリアンワックスは、デリケートなVIOゾーンを美しく整えることができます。なので、まず自分で行う前に、サロンなどで実際にプロのやり方やコツを教えてもらいながら、自宅でもできるようになった方がお肌への負担も少なくトラブルも回避できますので、一度お店で体験してみてくださいね。



key_know-03


pic-41

ムダ毛の事でお悩みなのは、きっと世の中のすべての女性の共通の悩みの種だと思います。体毛の処理は場所を選びますし、時間もかかるため大変な作業ですよね。面倒だし、抜くと痛いし、、しかし全く処理しないわけにはいかないのがつらいところですよね。こんなに面倒な思いをするなら、いっそのこと生えてこなければいいのにと、誰しもが思ったことがあると思います。しかしなぜ体毛が生えてきてしまうのか、ムダ毛が生えることに何か意味はあるのでしょうか?

ムダ毛が生えるのはなぜなのか?



一口にムダ毛といっても、ムダ毛と言われているものと、そうではない毛があります。ムダ毛とは頭髪や眉毛など以外の、明確に役割を持った毛と異なりあまり必要とされない毛のことを言います。例えば、髪の毛や眉毛やまつ毛も体毛ですが、ムダ毛だと思う方は殆どいないでしょうし、むしろ大事な体毛ですよね。
これらの体毛が生えるのにはきちんとした理由があります。頭や目は体の中でも大切な部分で、髪の毛は頭を衝撃から守り、眉毛やまつ毛は目に汗やゴミが入らないようにしています。

一方でムダ毛とは、ワキや腕、脚に生えている、何の役にも立たないと思えるようなところにある体毛だと感じる人が多いと思います。体毛が濃い方の場合、背中からお尻やデリケート部分にまでびっしりと生えています。これらの体毛は、自分の意志とは関係なく生えてきますが、見栄えも悪く、生えてこなければいいと思ってしまうのは仕方ないですよね。

ムダ毛の役割は?



頭部や目を守るために体毛が生えているのならば、ワキや腕、脚に生えているムダ毛は一体何のためにあるのでしょうか。これらのムダ毛が生えてくるのには理由があるのでしょうか?

異物が体内に侵入するのを防ぐ


ちりやゴミ、汗などが体内に入って痛みを感じたり、活動を妨げたりするのを防いでくれます。

肌の温度調節をする


体毛には肌の温度調節をする役目があります。体毛が肌を外気に直接触れないようにしてくれているおかげで、急激な体温変化を防ぐことができるのです。

摩擦などの刺激から身を守る


頭をどこかにぶつけたり、滑って転んだりしたときに体毛がクッションの役割を果たしてくれます。

紫外線をカットする


紫外線を浴びすぎると、肌にトラブルが起きる可能性があります。紫外線が肌に直接当たらないように、体毛が保護してくれています。

このように、ムダ毛は私たちの体を守るために生えていますので決してムダな存在ではないのです。

ムダ毛への価値観が歴史とともに移り変わっている



ムダ毛と呼ばれる体毛にも、実はしっかりとした役割があるということが分かりましたが、役割があるのならムダではないはずなのに、なぜムダ毛と呼ばれているのでしょうか。その理由は、私たちのムダ毛に対する考え方が変わったことにあります。

現代人の生活においては、温度調整や皮膚の保護の役割は洋服や冷房、家屋が担っています。遥か昔には必要とされてきていたムダ毛は、生活環境の変化で存在価値の必要性がなくなったのです。

人々の生活は年々進化し、快適に過ごすことができています。外からのリスクも少なったことで、存在価値を失った体毛は、いつしかムダなものと認識されるようになりました。ムダ毛には不潔感があり見た目も良くないと、女性を中心にムダ毛を取り除く価値観へと変わったのです。 必要性がなくなったムダ毛の処理をするのも、女性としての身だしなみ、清潔感、見た目の美しさを求めるようになりました。今ではムダ毛のないツルツルした肌が美しい女性とされています。

今では男性もムダ毛の処理をするようになり、美的価値観も時代とともに移り変わっていっています。もしもムダ毛でお悩みならお近くのサロンにお気軽に相談してください。


key_know-03


pic-29

ムダ毛の自己処理をしていると幾つか見つけることできると思いますが、埋没毛とは皮膚の中に毛が埋もれているような状態で、無理に引き抜いたりして、傷になってしまったりと、お悩みの方は多いと思います。

今回は、そのような埋没毛をしっかりキレイに治す方法と、予防法についてご紹介していきます。

埋没毛になってしまう原因とは


そもそも埋没毛はなぜできてしまうのでしょうか?ムダ毛を自己処理している方で、お肌の表面にポツリと黒いものが見えたら、それは埋没毛の可能性があります。

埋没毛は、誤ったムダ毛の自己処理などが原因でできます。カミソリを使用しムダ毛の自己処理を行った場合、皮膚を傷つけてしまうことがあります。傷つけられた皮膚にはカサブタができ、カサブタによって毛穴の入り口がふさがるのです。毛穴の入り口がふさがってしまうと新しく生えてきた毛が皮膚内に埋まり、埋没毛になる、という流れで発生してしまいます。

お肌の表面にうっすらと黒いものが見える埋没毛は、お肌をキレイに見せたい人にとっては非常に厄介なものですよね。

埋没毛を作らないよう正しいムダ毛処理を


正しいムダ毛処理ができていれば、埋没毛はできにくくなり、お肌にダメージを与えることも、汚くなってしまう事もありません。これ以上、誤った自己処理による肌トラブルを増やさないためにも、正しいお手入れの方法についてしっかり覚えておきましょう。


シェービングをする時はお肌のケアを入念に


シェービングの際には、お肌を傷つけないよう保湿ケアを忘れずにしましょう。カミソリでムダ毛をそる際には、シェービングクリームを使用し、お肌を十分に保湿してください。そり終えた後も化粧水でお肌を保湿するといった、念入りなケアを忘れずにすることも重要ですのでしっかり行いましょう。

剃刀や毛抜きなどを使うときは清潔なもので


カミソリでムダ毛の処理をする際には、刃が清潔なものを使用しましょう。錆びていたり、不潔なものを使用するのは埋没毛の原因になりますし、お肌にもダメージを与えます。刃のさびたカミソリは、お肌を傷つける可能性がある上に、衛生的にも好ましくありません。毛穴が炎症を起こして埋没毛にならないよう、清潔なカミソリを毎回使うようにしましょう。

毛を剃る、抜く際は毛の流れに沿って処理する


カミソリや毛抜きを使用してムダ毛の自己処理をする際は、毛の流れに沿って処理するのを守りましょう。そりにくいからと毛の流れに逆らってそるのはやってはいけません。このような無理のある処理は、埋没毛になってしまいます。

埋没毛をそのままそらない


毛が埋もれたままで処理をすると、皮膚に炎症を引き起こしますので埋没毛はそらずに、皮膚のターンオーバーに合わせて埋もれている毛が表面に出てくるまで待ってから処理しましょう。見た目が気になるからといって、そったり掘り出そうとしたりしないように気を付けてください。

pic-35

埋没毛を発生させないためには



埋没毛は毛が顔を出すまで放置しておくのが一番の解決策ですが、そのまま放置したままでは見た目がきになりますよね。ならば最初から埋没毛ができないようにすることが最善策です。埋没毛を予防法するにはどのようなことすればよいでしょうか。

正しい方法でムダ毛の自己処理を



ムダ毛の自己処理をする際は、正しいシェービングの方法でお肌を傷つけないように心がけましょう。
無理のある処理はしない。お肌を傷つけないことを第一に考えてください。また、保湿ケアも忘れずに行いましょう。ただし、いくら気を付けていても埋没毛が起こる可能性はあります。

お肌のスキンケアを怠らない



埋没毛を治すうえで大切なのがスキンケアになります。体毛が肌の表面にきちんと生えてくるようにするには、毛穴周りの肌を健康に保つことも大切です。肌の乾燥は、角質が厚くなったり、肌のターンオーバーを乱すことから、毛穴を塞いでしまう原因にもなります。

特に、肌の保湿は、肌や毛穴を柔らかく保つ効果があります。また、毎日のケアとは別に、肌の余分な角質を取り除くお肌ケアも忘れずに。埋没毛を治すのに効果的なのが、スクラブケアです。スクラブケアは毎日行うと、肌を傷つける原因にもなるので、週1回くらいの頻度で行いましょう。

脱毛サロンでプロに施術してもらう



埋没毛のお悩みの一番の解決方法は、医療機関や脱毛サロンで行われている脱毛です。たとえば、医療機関ではレーザー脱毛が行われており、脱毛サロンでは光脱毛が行われています。レーザー脱毛と光脱毛は、毛穴の体毛を再生する組織にダメージを与えることで、ムダ毛の再生を抑えるというものです。
ムダ毛を自分で処理する手間も省けて、さらに埋没毛の予防にもなるため、良い事ずくめです。


埋没毛と間違いやすいトラブル



肌トラブルの中には、埋没毛と間違われやすいものもあります。埋没毛とほかの症状が似ていても対処方法は異なりますので、症状をしっかり把握しましょう。

ニキビ



ニキビは毛穴の皮脂が詰まることで、毛穴を中心に炎症が起こるものです。ニキビの種類には症状や進行により、・白ニキビ、・黒ニキビ・、赤ニキビ、・黄ニキビがあります。特に、埋没毛と間違われやすいのが黒ニキビです。黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が酸化することで黒っぽい色になるものです。鼻や額など皮脂分泌の顔の中心部によく現れます。

粉瘤



粉瘤は毛穴が詰まり、肌のターンオーバーで排出されるはずの皮脂や皮膚が毛穴の中に蓄積された状態です。毛穴の出口部分は黒い点があり、肌の内部にしこりと炎症が現れます。


埋没毛を発生させないためには



埋没毛ができてしまう原因として、ムダ毛の自己処理の方法と予防を紹介してきました。表皮に体毛が埋まってしまう埋没毛は、見た目も気になりますが、埋没毛が発生したら、お肌の炎症を防ぐためにそっとしておくことと、誤ったムダ毛処理をしないよう気を付けましょう。また、脱毛サロンでプロによる施術を受けることも、埋没毛を予防する効果的な方法といえますので、ご検討してみてください。



key_know-03


pic-07

ここ数年のムダ毛処理事情は、脱毛は女性の身だしなみとしての立ち位置を確立して来ているのではないでしょうか。脚や腕など服から出ている部分だけでなく、ワキなど見えないところもキレイを保つように気を使ったり、脱毛への関心も高くなり、ムダ毛への意識は一昔前より、確実に気にしている人が多くなったように思います。

しかし、脱毛に対してまだあまり積極的になれない方も多く、自分で処理をするよりも、脱毛サロンなどで脱毛してもらった方がずっと効果も高く、キレイになるのはわかっていても、時間もお金もかかるしと迷っている方も多いと思います。

それに脱毛を理解する上で重要なのは、ただムダ毛をなくすということだけでなく、お肌もキレイに保つためにはやはりプロにお任せするのが一番確実で安心できます。

一口に脱毛でも、光脱毛とレーザー脱毛の違いや、メリットやデメリットなど、どちらを選んだ方が良いのかをご紹介します。

ムダ毛の処理を自分で行うときのお肌へのデメリット


ほぼ全ての女性が経験していると思います、ムダ毛の処理については日々多くの女性が自己処理で済ませているでしょうし、一度は通る道だと思います。

しかし、ムダ毛がなくなってもお肌を傷つけてしまったり、跡になってしまっては意味がありません。
ムダ毛を自分で処理した場合のデメリットとしましては、カミソリで剃った場合皮膚の表面まで削ってしまったり、毛抜きで処理した場合だと、無理に抜くと肌と毛穴にとても負担がかかってしまいます。
しかも、それらのダメージによって肌への負担が繰り返されることで黒ずみ、色素沈着が起きてしまい、お肌が汚くなってしまいます。人の毛には毛周期というものがあり、専門家でないと毛周期を考慮せずに脱毛するため、効果的な脱毛ができません。

大体の女性が時間やお金の都合や、サロンに通う手間を考えれば自分で処理するのが楽だと考えてしまいますが、こういったお肌のケアはやはり、エステやサロンなどの専門家に専門の機器を使ってしっかり処理するのが一番だと言えます。


毛が生え変わるサイクルのことを毛周期と言います

エステやサロン、クリニックで脱毛を行う場合、この毛周期を見ながら脱毛をしますので、自分でやるよりも次の毛が生えにくいので効果的に脱毛ができますし、美肌効果を考えても自分で処理するのは避けた方が良いです。

成長期とは、毛がどんどん伸びている時期になり、毛乳頭が毛細血管から栄養分を取り込み毛が成長します。
表皮から下は「毛根」と呼ばれ毛母細胞や毛乳頭があります。毛母細胞が細胞分裂することにより「毛球」ができ、毛が伸びていきます。

退行期とは、細胞分裂が止まって毛もそれ以上成長しない時期になり、毛はまだ抜けませんが、伸びることもなくなります。毛乳頭と毛の結びつきも弱まってきます。

休止期とは、毛の寿命が終わって、自然と抜け落ちる時期になり、ブラッシングした時などに自然と抜けてくる毛は休止期に入った毛です。
脱毛は毛乳頭と毛の結びつきが強い成長期に行うことで、根元からしっかり抜くことが出来ます。

サロンなどで脱毛を行う場合は、この毛周期を見ながら脱毛スケジュールを立てて施術していきます。


フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違い


フラッシュ脱毛とは、複数の波長を含んだ光を広範囲に照射し脱毛する事を言います。

レーザー脱毛とは、単一の波長で集中的に熱を集めて照射する脱毛の事を言います。

この2つの脱毛方法の一番の違いは、照射する光の波長の種類の違いになり、レーザー脱毛は照射の威力が強いため、永久脱毛となります。
いずれの方法も、黒く太い毛にはよく反応しますが、細い毛や、産毛などはだつもうしにくいため、元々の毛の量が少ない人だと時間がかかってしまうケースがありますので、サロンの人とよく相談し、カウンセリングを行いながら施術を行いましょう。


美容・脇

脱毛する際の注意点と、施術ができない場合


日焼けしていた場合は脱毛が不可?


フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は皮膚表面にあるメラニン色素に反応する光を当てることで脱毛をします。なので、日焼けしていると脱毛したい部分以外のところに光やレーザーが反応してやけどのリスクが高まるため、脱毛自体を断られるケースがありますので注意してください。

日焼けの具合や肌の状態から総合的に判断されますが、サロンや美容クリニックでの脱毛を考えているなら、日焼け対策を行わないとなりません。
更に、脱毛はある程度期間をかけて行いますので、その間日焼けは絶対に厳禁です。サロンからも注意されると思いますので、外出する際は必ず日焼け止め対策をして、サロンからの注意を良く守りましょう。

金髪や白髪だと脱毛が不可?


フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、メラニン色素にだけ反応する光の波長を選び、直接ムダ毛の毛母細胞にダメージを与えて脱毛する方法になりますので、メラニン色素がない状態、つまり白髪や金髪などの毛の色になると脱毛できない場合があります。

しかし最近では、そういった色にも効果がある機器が開発されているので、サロンや美容クリニックがどのような機器を使っているかによって、施術が可能になります。


フラッシュ脱毛とは光を照射した脱毛


ラッシュ脱毛とはサロンやエステで行われる脱毛方法で、IPL(インテンスパルスライト)等の機械を使って行います。
光脱毛は医療行為ではなく美容のための施術なので、減毛や不再生脱毛などと言った文言しか言えない決まりになっています。


フラッシュ脱毛とは光を照射した脱毛


フラッシュ脱毛とはサロンやエステで行われる脱毛方法で、IPL(インテンスパルスライト)等の機械を使って行います。
光脱毛は医療行為ではなく美容のための施術なので、減毛や不再生脱毛などと言った文言しか言えない決まりになっています。

フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛よりも照射する光が弱いため、肌への刺激も弱く痛みが少ないです。
最近では、家庭用の光脱毛器も販売されていますね。もちろん、サロンで行うよりは効果は低いですが、毛抜きなどで抜くよりも肌へのダメージは少ないと言われています。

フラッシュ脱毛のデメリットとして挙げられるのは、毛周期をみながら2~3ヶ月に1度の割合で施術を行っていくので、部位にもよりますが完了までに1~2年かかる事が多いため、時間と手間がかかるのがフラッシュ脱毛のデメリットと言えなくありません。


レーザー脱毛は医療用レーザー


レーザー脱毛は医療用レーザーを使った脱毛になり、医療従事者でないと行うことが出来ません。
エステサロンや脱毛サロンでは行うことが出来ず、医療機関や専門のクリニックでのみ受けられる脱毛方法になります。
ダイオードレーザーや、アレキサンドライトレーザーなどの出力の高いレーザーを使って施術します。
痛みはフラッシュ脱毛よりたやや強めと言った印象です。

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも少ない回数で終了します。これも脱毛を行う部位や範囲によりますが、短期間で脱毛をしたいという方にはこちらの方向けの施術になります。
エステサロンでは宣伝してはいけない、永久脱毛になります。
それほど効果が高い脱毛方法なので、確実に脱毛したい場合には多少費用がかかってもレーザー脱毛の方がおすすめです。

元々肌のシミ治療に使われていた機械を応用したのがレーザー脱毛になりますので、メラニン色素を破壊するので、レーザーを当てたところにシミやそばかすがあればそれを除去することも可能で、肌色がキレイになり、明るくなり、きめ細かくなるといったお肌の美肌効果があるといったメリットが挙げられます。

その代わり、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛が一度の施術で数千円くらいだとしたら、レーザー脱毛は、1部位当たり1~3万円ほどとなり、全身脱毛となると15万円を超える金額が目安になります。短期間で確実に脱毛できる方法ですが、費用はその分かかってしまいます。


脱毛は、予算と時間の都合で決めましょう


フラッシュ脱毛もレーザー脱毛もそれぞれメリットとデメリットがあると言う事がわかったと思います。どちらが正解というわけではありませんが、ゆっくりでもいいなら費用が抑えられるフラッシュ脱毛となり、短期間でしっかり確実に脱毛したいならレーザー脱毛になります。

また、光とレーザーを併用するといったこともできますので、費用や回数も抑えつつ、確実に脱毛をすすめるためには光脱毛とレーザー脱毛を併用しながの脱毛も検討してみるとよいかもしれませんね。

料金の安い光脱毛を何度か行って、目立つ毛を減らした状態で残っている毛をレーザー脱毛で永久脱毛という切換えを行う人も少なくなく、自分の予算の都合などに合わせて、ワキやⅤラインなどの少ない範囲で、しっかり処理したい箇所をレーザーで、
範囲も毛の量も多い場所はフラッシュ脱毛で、といった切り替えての施術もできますので、サロンとしっかり相談して決めましょう。



key_know-03

ブライダル脱毛っていつまでに始めたら結婚式に間に合いますか??
一生に一度のウエディングドレスからムダ毛が。。。そんな事にならないようにしっかり準備して臨みたいですよね。
ムダ毛と産毛のしっかり処理をして夢のウエディングドレスを着ましょう!

pic-27

忙しくて時間が取れない!結婚式まで時間がないけどブライダル脱毛したい!

挙式前にはブライダルエステをお考えの方は多いですが、ブライダル脱毛も忘れてはいけない大事な準備です!
結婚式は一生に一度の晴れ舞台。きれいなメイクやヘアスタイルで華やかなドレスを着て、親戚一同、友達や会社の人だって見に来ますし、一生に残る写真だってたくさん撮られますよね。
失敗の許されない大切な時間、ムダ毛が出てる、産毛が見えてしまってるなん事のないようにしたいですよね。

基本的に脱毛は1回では終わらないことが殆どで、何回か施術を繰り返しながら脱毛効果が出ますので、ブライダル脱毛始めるなら迷ってる時間はありません!

ブライダル脱毛のおすすめって?他の脱毛と違うの?

結婚式の前に慌ててシェービングなどで処理するの方が多いですが、剃り残しや、お肌のトラブルを引き起こしてしまう結果に、、、何てことがないように、やはりサロンなどできちんと処理とケアをしてもらうのが一番です!

肌への刺激が少ない脱毛フラッシュ脱毛

肌への刺激が少なく済む、フラッシュ脱毛、または光脱毛がオススメです!肌トラブルや痛みの心配がないので安心して施術を受けれ羅れます。
レーザーの方がいいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、火傷などの肌トラブルも多いので、大事な式の前にお肌に跡が残ったりするのを避けて、きれいに処理するなら断然フラッシュ脱毛がいいです。

脱毛サロンだと効果の出方が心配だと言う方も、施術をしてから2週間ほどで毛が抜け始めるというのは変わらないので、肌に負担をかけないほうがブライダルエステなどにも行きやすいのでおすすめです。

pic-38

式の前にしっかり脱毛!脱毛必須の部位はこちら!

両ワキ、顔、うなじ、背中、うで、脚、、と、着るドレスのタイプでも脱毛部位は変わると思いますが、ここは押さえておきたい脱毛ポイントであり、人に見られる部位でもありますので、しっかり処理しておきたいところです。

殆どのドレスのタイプが、両ワキが見えるデザインになりますので、ブーケトスやウエディングキャンドルの時に腕を上げたりと両ワキを見せるタイミングは多いです。 カミソリで処理しても黒いブツブツがあると目立つので、きれいに処理したいですよね。

顔の産毛があると化粧した時に映えないのは常識ですよね? 逆に脱毛すれば顔のトーンが上がり、明るいキレイに見えますのでとても重要です。

うなじは髪型をヘアアップにした時にとても目立ちます。 特に男性は女性のうなじに大好きなので、他と差をつけるためにもしっかり処理しましょう。

背中が開いてるタイプウエディングドレスは非常に多く、もうほとんどがそのデザインと言ってもいいですよね。 その為、写真撮影などで出席者が後ろに来た時、背中に産毛がたくさん生えていると目立ってしまいますので、自分からは見えなくともしっかりケアしましょう。

pic-03

どのくらいの期間があれば間に合う!?

通常脱毛を完了させる場合ですと最低でも、2ヶ月から3ヶ月に1回の施術なので約1年以上かかってしまいます。事前に準備して通っていたら問題ないですが、結婚式まであまり期間がなく、急遽脱毛しなければいけないといった時には、最短でどのくらいで施術をしてくれるのでしょうか?

最近のサロンでは、最短でも1か月半から脱毛可能だったり、5,6か月で通常の脱毛を時短で行ってくれたりと、中には2週間という短い期間での脱毛コースを用意しているお店もありますので、お近くのサロンなどをしっかりリサーチしておきましょう。
お店によって様々ですが、まずはお店に相談してみるのがいいでしょう。
ですが、やはり時間に余裕をもって、前々からスケジュールを組んでしっかり綺麗に処理しておくように心がけましょう。

一生に一度の晴れ舞台。しっかり準備をしておきましょう。

一生に一度の夢の晴れ舞台、花嫁は美しい衣装で大勢の注目を集めます。自分では気づかないところや、思いがけないところを見られていますし、写真やデータにも残ってしまいますよね。
人の記憶からは段々薄れていっても写真や映像はずっと残りますので、後で後悔するよりも、しっかりケアして万全で臨みたいものです。

結婚式を控えた多くの女性は、式当日に間に合わせようと半年以上前からサロンに通い始める方も少なくありません。
ムダ毛の量や濃さは人それぞれですので、サロンの方に相談して余裕をもって間に合う期間を決めて脱毛する方もいらっしゃいます。

しかし、あまりにも期間が短かったり、式の直前で脱毛をお断りする場合や、予定の回数を通えず、不完全な脱毛でムダ毛が残ってしまうケースも多々あります。サロンにも技術的な限界がありますのでやはり余裕をもって行動したいですね。

どうしても間に合わない場合は、ブライダル専門のシェービングを行っているサロンもありますので、緊急の場合はそちらを頼るのも検討しておきましょう。

その場しのぎな対処ではありますが、背中や自分では処理できない箇所もしっかりケアしてくれますので、そういったサロンに相談してみると言う事も覚えておいてください。

一生に一度の忘れられない晴れ舞台にしましょう。