key_know-03


pic-31

自分でムダ毛の処理をする際に除毛クリームをご使用になる方は多いと思いますが、正しい使用方法はご存知でしょうか?キレイに除毛できるので大変重宝するアテムではありますが、使い方や除毛後のケアを間違えると、肌の炎症や色素沈着につながる恐れがありますので、用法容量は正しく把握しておきましょう。そこで今回ピカリでは、除毛クリームの使用方法や仕組みなどをご紹介していきます。



そもそも除毛クリームってどんなもの?



皆さんが良く使用されているであろう除毛クリームとは、ムダ毛が気になる箇所に塗り一定の時間をおくことでムダ毛を除去できるクリームです。脱毛と違い、一時的に表面に出ている毛を溶かしているだけなので毛根に影響はありません。

カミソリや毛抜きよりも簡単できれいに処理ができるため、良くご利用になる女性も多いと思います。除毛クリームの効果は他の剃毛脱毛よりもツルツルに仕上がるので処理後の肌触りや見た目も良いのですが、除毛剤の成分でかぶれや炎症などの肌トラブルを起こす可能性もあり、お肌へのトラブルの原因にもなりえます。

そして除毛クリームにはいくつかタイプがあり、使用目的により違いがあります。



除毛クリームにはいくつかタイプがある



除毛クリームのタイプがあり、ローションや乳液、ジェルタイプなど様々な種類があります。敏感肌の方や毛の長さに応じたクリームあり、今では幅広い除毛クリームが販売されていて、どれが自分に合ったものか比べるのも一苦労ですよね。ですが、どのタイプも基本的な脱毛のメカニズムに大きな違いはありませんので、自分が使いやすいと思う除毛クリームを試してみて見つけましょう。

使用時は、必ず注意書きを読み、パッチテストで肌に異常が起こらないか確認することをお忘れなく。肌に合わない除毛クリームは、お肌のトラブルの原因となりますので、必ず用法容量は守りましょう。



除毛クリームはどのような成分でできているのか



除毛クリームは肌に塗るとその箇所の毛が溶けるという、なんとも不思議な効能があるものですが、どのような仕組みでそうなるのでしょうか。

除毛クリームにはチオグリコール酸カルシウムという物質が入っており、アルカリ性の性質を持っており、人の毛はアルカリ性に弱く、チオグリコール酸カルシウムが毛のたんぱく質を溶かしているので脱毛が可能になります。ですが肌のたんぱく質にも負担がかかるので、決まった時間を超えて塗布するのは大変危険です。かぶれ、炎症などの肌トラブルの可能性があるので、きちんと守りましょう。




パッチテストは必ず実行!



除毛クリームを使う前は必ずパッチテストしましょう。化粧品や薬品が自分に合うか確認するために、自分のお肌の小さな範囲でテストする事をパッチテストといいます。もしパッチテストをせずに除毛すると、肌の広い範囲でいっぺんにかぶれや炎症、アレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があり大変危険です。 お肌に合わなかった場合除毛クリームの肌への強い影響があるため、必ずパッチテストを行い、問題がないことを確認してから使用しましょう。

また、体調がすぐれないときの肌はとても敏感になります。疲労がたまっていたり生理中だったりと体調が万全でないときは使用は控えましょう。必ず体調が良い時に使用しましょう。



除毛後のお肌のケアは必須



ムダ毛処理の後のお肌のケアを怠ってしまいがちですが、アフターケアはしっかりとしておきましょう。除毛クリームは刺激が強い商品のため、除毛後には十分な保湿をしてあげましょう。

肌はダメージを繰り返すことで、黒ずみの原因ともなります。せっかくキレイに脱毛できてもお肌のケアができてないと、お肌トラブルで後悔してしまっては元も子もないですよね。脱毛後もしっかりケアをしてきれいなお肌を保ちましょう。




除毛クリームを使用すると、脱毛が簡単で仕上がりもきれいになり、大変楽で便利ですが、使用頻度が高くなるとお肌へのダメージが蓄積される可能性もあり、中々難しいところです。ムダ毛は処理したいけれど、できるだけ肌へのダメージは抑えたいと考えている方は、使用前と使用後の注意点をしっかり守るようにしましょう。

また、除毛クリームを繰り返し使うよりも、脱毛サロンで処理をした方が肌には優しいので、ピカリではそんなあなたの為に自宅で行うよりもきれいに仕上げられる、脱毛プランをご用意しておりますので、お気軽にご相談、お問合せくださいませ。