key_know-03

年々、ムダ毛をサロンやクリニックで脱毛する人が急増していますが、自分でムダ毛の処理で済ませている方も多いと思います。しかし、自分で処理をし続けていると様々なお肌のトラブルを引き起こしてしまいがちです。自分でできる処理の方法とそのリスクについてある程度の認識が必要です。

家庭で脱毛する方法について

自分で行うムダ毛処理には、いくつか方法があると思いますが、大体の人が実践しているのが「カミソリ」を使用しての方法ですね。同じくらい一般的なのが「毛抜き」による処理になります。 他にも「ワックス」を使ったムダ毛処理もあります。1本ずつではなく、ワックスを塗って一気に抜いてしまう方法です。ワックス同様、薬品を使いますが、抜くのではなく毛を溶かすのが「クリーム」を使った処理も多く、クリームは見える部分だけの毛を溶かすものと、毛根(毛乳頭)まで働きかける種類のものがあります。 更には「家庭用脱毛器」がありますが、脱毛サロンでも使われている光脱毛の簡易版や、熱線で毛根にダメージを与える「サーミコン式」などがあります。

自分でムダ毛処理をする際のリスクについて

カミソリでの処理を行う際には、カミソリは毛ばかりでなく表皮にもダメージを与えてしまいます。よく陥りがちなのがカミソリ負けによる肌のダメージですね。皮膚の弱い人はこれが原因で炎症を起こします。毛嚢炎(もうのうえん)といって、治療が必要になり、何度も炎症を起こすと色素が沈着し、肌が黒ずんでしまうトラブルを引き起こします。 毛抜きでの処理も同じように、毛母細胞に入り込んでいる毛細血管を引きちぎってしまうと、出血したり雑菌が入って炎症を起こしたりします。また毛を抜いた毛穴は、身体が怪我と認識し、角質で覆われます。この下から新しい毛が生えてくると、出口をふさがれているので「埋没毛」になってしまいます。埋没毛を抜こうとして針や毛抜きで無理やり抜こうとすると、皮膚を傷つけることになります。その結果、肌がザラザラになったり炎症を起こしたりする原因になってしまうのです。ワックスも毛抜きと同じ。面積が広いだけに、肌への負担は毛抜き以上に負ってしまうことがあります。 クリームは他の方法と違い、ムダ毛を溶かします。基本的にアルカリ性の薬剤でタンパク質の毛を溶かすという方法です。ただし皮膚はタンパク質であり、薬品の影響を受けてしまいます。肌への負担が大きくアレルギー反応が出ることもあります。さらに皮膚から露出した毛を溶かすので、カミソリ同様に埋没毛になってしまう危険性もあります。 家庭用脱毛器は、サロンなどで使われるものより出力を落としてあるものが殆どです。そのため効果が薄い事が殆どのため、繰り返し使用することで肌を痛めてまう原因となります。

埋没毛(まいぼつもう)の治し方

埋没毛解消するには、古い角質層を取り除く事が重要です。方法としては、ボディースクラブなどで肌をマッサージし、保湿をしっかり行います。これにより、古い角質層が取れて埋没毛が解消しやすくなります。

毛嚢炎(もうのうえん)の治し方

炎症している部分を消毒などをして、 出来る限り清潔にましょう。抗菌石鹸を使ったり、まめにシャワーを浴びて下着を取り替えるなど、清潔にしてあげることを心がけることが重要です。

色素沈着の治し方

肌をクリアな透明感へと導くコスメを使用することで、黒ずんだ肌は元のきれいな肌に戻ろうとしていきます。ですので、黒ずみ、色素沈着を避けるには、ムダ毛の自己処理をすぐにやめて、正しいケアを行う事が大切です。

肌トラブルを避けるために大切なこと

以上のことから、自分でのムダ毛処理をするよりも、専門のプロに施術を任せる、脱毛サロンのフラッシュ脱毛で、ある程度のムダ毛処理をする。フラッシュ脱毛は、永久脱毛はできませんが、ムダ毛を薄く、細くしていきながら、毛穴も引き締めて脱毛をしていく脱毛法です。価格もかなり安いのが魅力です。 皮膚科や美容形成外科などで、永久脱毛をする。医療機関に行けば、医療レーザー脱毛で永久脱毛することができ、今後一切ムダ毛に悩まされることはありません。しかし、施術費用に保険が効かないため、最低でも20万円からの費用が必要となります。

金額や日数が掛かっても適切な処理をすることできれいな肌を保てます

あなたの肌は一生ものです。肌トラブルの度合いによっては、一生肌に跡が残ってしまうこともあり、後悔してからでは遅いこともあります。専門のプロの施術をすることで美しい肌を保つ事ができますので、よく検討してムダ毛処理を行ってください。