key_know-03

皆様の全身の毛は、その太さや長さ、そして直毛やウェービーなのかといった見た目とは別に、大きく分けて『性毛』と『無性毛』の2種類に分けることができます。

ホルモンと毛の関係

最初にホルモンと毛の関係性について説明いたします。
体毛・性ホルモンの関係は様々ありますが、エストロゲンとプロゲステロンの二つに代表される女性ホルモンと、テストステロンに代表される男性ホルモンがあります。 毛と性ホルモンの関係性は男性ホルモン(テストステロン)に顕著で、男性型脱毛症や多毛といった性ホルモン特有の症状をあらわします。 しかし全ての男性という訳ではなく、性ホルモンの量や毛包の感受性の違いによって異なってくるものです。
通常女性は男性の約10分の1の男性ホルモンを持っているといわれています。ですが、前述のホルモン量や感受性等の個人差があるため、性毛の表れ方や成長に違いがでるのです。

性毛(せいもう)とは

第二次性徴期に生えてくる、ワキ毛や陰毛のことを指します。
男性の場合は、アゴの毛、胸毛、スネ毛も性毛です。特徴として、体臭の発生源であるアポクリン汗腺があること、太い毛が多く生える方向も統一性がなく毛包の組織が強いのが特徴です。

性毛はその中でも『両性毛』と『男性毛』に分類されます。

・両性毛
ワキや陰毛の下部は男女を問わず性ホルモンの働きに影響されて生えてくると考えられていることから「両性毛」と呼ばれます。

・男性毛
前頭部や頭頂部の頭髪、髭、胸毛などは、男性ホルモンの影響を受けて濃くなったり薄くなったりするため「男性毛」と呼ばれます。

無性毛(むせいもう)とは

性毛以外のすべての毛のことを無性毛と呼びます。
眉毛、まつ毛、大部分の頭髪(側頭部・後頭部)は性ホルモンにあまり影響されないとされており、無性毛に区別されます。また、腕や足(四肢)の毛も無性毛に区分されます。
無性毛の特徴として、性毛とは逆に毛が細く、生える方向が揃っています。

脱毛に向いているタイプは?

性毛は毛周期が1年から2年と長いため、脱毛を行う場合は長期間のサロン通いが必要となります。一方、無性毛は毛周期サイクルが短いため、脱毛効果を早く実感できるといわれております。
ピカリではサロン通いが負担にならないよう定額全身脱毛コースをおすすめしております。性毛も、無性毛もピカリでスベスベに脱毛しちゃいましょう。