key_know-03

脱毛はなぜ1、2回やった程度では、また毛が生えてきてしまうのでしょうか?
それには「毛周期」が関係しています。毛周期とは、毛が新たに生え始めてから抜けるまでのサイクルのことを言います。毛周期を理解し自分の毛の生え変わりの間隔を知ることで、脱毛サロンに通うタイミングをより効果的な時期に行なえます。

毛周期を知ろう

誰でも一度は困ったことがあるであろう体毛の処理。しかし体毛にはそれぞれ大切な役割があってそこに生えています。主な役割として、「皮膚の保護」、「触覚機能」、「体温の維持」、「性的特徴」と体毛は無駄に生えているわけではありません。
けれども、人間が進化し洋服を身にまとい、暑さや寒さをしのぐための機械を生み出すことで体毛の必要性が低くなってきています。現在では体毛が「ムダ毛」を呼ばれようになってしまいました。

体毛は皮膚から変化したもので、皮膚が常に生まれ変わりをしているように、体毛も常に生えては抜け、抜けては生えを繰り返しています。このサイクルを「毛周期」を言います。 目に見えている毛は体毛全体の3分の1で、残りの3分の2は皮膚の内側に埋まっていて、この埋まっている3分の2部分を「毛根」と呼びます。新しい毛はこの「毛根」から作られ、ある程度成長すると成長がとまり毛根部が縮み始めます。新たに毛が成長をしだすと古い毛は新しい毛に押されるようは形で抜けていきます。

毛が生え始め、伸び続ける時期を「成長期」
毛の成長が止まり新しい毛に押し出されて抜ける時期を「退行期」
古い毛が抜け落ち新しい毛が生えてくる時期を「休止期」といいます。
レーザー脱毛や光脱毛などで脱毛効果が得られるのは、上記3つの時期の中で「成長期」だけです。

「成長期」に合わせて施術を

毛周期は各部位によって異なります。ワキの毛周期が1~2年、内成長期が3~5ヶ月。VIOの毛周期が2~3年、内成長期が1~2年。腕・脚・ひざ下の毛周期が約1年、内成長期が4~5ヶ月と言われています。

体全体の毛で成長期なのは全体の20%と言われているので、1度や2度の施術では全体の半分も脱毛出来ないのが事実です。
早く脱毛を終わらせたくて短期間でサロンに通い施術回数を多く行なっても成長期の毛がなければ全く意味がありません。むしろ肌を痛める原因ともなってしまいます。

どのくらいの期間で何回くらい脱毛すればいいの?

施術の方法や部位、毛質によりますが、2~3か月に1度、同じ場所を施術して6回程度で「毛が薄くなった」「自己処理がラクになった」などの効果を実感する人が

部位やお客様の毛質によっても変わってきますが、脱毛サロンPIKARI(ピカリ)では2~3ヵ月に1度、1部位に対して5、6回程度の施術を推奨しております。
無料カウンセリングでお客様のお悩みやお肌の状態を確認させていただきますので、ぜひ1度ご来店ください。