key_know-03


pic-29

ムダ毛の自己処理をしていると幾つか見つけることできると思いますが、埋没毛とは皮膚の中に毛が埋もれているような状態で、無理に引き抜いたりして、傷になってしまったりと、お悩みの方は多いと思います。

今回は、そのような埋没毛をしっかりキレイに治す方法と、予防法についてご紹介していきます。

埋没毛になってしまう原因とは


そもそも埋没毛はなぜできてしまうのでしょうか?ムダ毛を自己処理している方で、お肌の表面にポツリと黒いものが見えたら、それは埋没毛の可能性があります。

埋没毛は、誤ったムダ毛の自己処理などが原因でできます。カミソリを使用しムダ毛の自己処理を行った場合、皮膚を傷つけてしまうことがあります。傷つけられた皮膚にはカサブタができ、カサブタによって毛穴の入り口がふさがるのです。毛穴の入り口がふさがってしまうと新しく生えてきた毛が皮膚内に埋まり、埋没毛になる、という流れで発生してしまいます。

お肌の表面にうっすらと黒いものが見える埋没毛は、お肌をキレイに見せたい人にとっては非常に厄介なものですよね。

埋没毛を作らないよう正しいムダ毛処理を


正しいムダ毛処理ができていれば、埋没毛はできにくくなり、お肌にダメージを与えることも、汚くなってしまう事もありません。これ以上、誤った自己処理による肌トラブルを増やさないためにも、正しいお手入れの方法についてしっかり覚えておきましょう。


シェービングをする時はお肌のケアを入念に


シェービングの際には、お肌を傷つけないよう保湿ケアを忘れずにしましょう。カミソリでムダ毛をそる際には、シェービングクリームを使用し、お肌を十分に保湿してください。そり終えた後も化粧水でお肌を保湿するといった、念入りなケアを忘れずにすることも重要ですのでしっかり行いましょう。

剃刀や毛抜きなどを使うときは清潔なもので


カミソリでムダ毛の処理をする際には、刃が清潔なものを使用しましょう。錆びていたり、不潔なものを使用するのは埋没毛の原因になりますし、お肌にもダメージを与えます。刃のさびたカミソリは、お肌を傷つける可能性がある上に、衛生的にも好ましくありません。毛穴が炎症を起こして埋没毛にならないよう、清潔なカミソリを毎回使うようにしましょう。

毛を剃る、抜く際は毛の流れに沿って処理する


カミソリや毛抜きを使用してムダ毛の自己処理をする際は、毛の流れに沿って処理するのを守りましょう。そりにくいからと毛の流れに逆らってそるのはやってはいけません。このような無理のある処理は、埋没毛になってしまいます。

埋没毛をそのままそらない


毛が埋もれたままで処理をすると、皮膚に炎症を引き起こしますので埋没毛はそらずに、皮膚のターンオーバーに合わせて埋もれている毛が表面に出てくるまで待ってから処理しましょう。見た目が気になるからといって、そったり掘り出そうとしたりしないように気を付けてください。

pic-35

埋没毛を発生させないためには



埋没毛は毛が顔を出すまで放置しておくのが一番の解決策ですが、そのまま放置したままでは見た目がきになりますよね。ならば最初から埋没毛ができないようにすることが最善策です。埋没毛を予防法するにはどのようなことすればよいでしょうか。

正しい方法でムダ毛の自己処理を



ムダ毛の自己処理をする際は、正しいシェービングの方法でお肌を傷つけないように心がけましょう。
無理のある処理はしない。お肌を傷つけないことを第一に考えてください。また、保湿ケアも忘れずに行いましょう。ただし、いくら気を付けていても埋没毛が起こる可能性はあります。

お肌のスキンケアを怠らない



埋没毛を治すうえで大切なのがスキンケアになります。体毛が肌の表面にきちんと生えてくるようにするには、毛穴周りの肌を健康に保つことも大切です。肌の乾燥は、角質が厚くなったり、肌のターンオーバーを乱すことから、毛穴を塞いでしまう原因にもなります。

特に、肌の保湿は、肌や毛穴を柔らかく保つ効果があります。また、毎日のケアとは別に、肌の余分な角質を取り除くお肌ケアも忘れずに。埋没毛を治すのに効果的なのが、スクラブケアです。スクラブケアは毎日行うと、肌を傷つける原因にもなるので、週1回くらいの頻度で行いましょう。

脱毛サロンでプロに施術してもらう



埋没毛のお悩みの一番の解決方法は、医療機関や脱毛サロンで行われている脱毛です。たとえば、医療機関ではレーザー脱毛が行われており、脱毛サロンでは光脱毛が行われています。レーザー脱毛と光脱毛は、毛穴の体毛を再生する組織にダメージを与えることで、ムダ毛の再生を抑えるというものです。
ムダ毛を自分で処理する手間も省けて、さらに埋没毛の予防にもなるため、良い事ずくめです。


埋没毛と間違いやすいトラブル



肌トラブルの中には、埋没毛と間違われやすいものもあります。埋没毛とほかの症状が似ていても対処方法は異なりますので、症状をしっかり把握しましょう。

ニキビ



ニキビは毛穴の皮脂が詰まることで、毛穴を中心に炎症が起こるものです。ニキビの種類には症状や進行により、・白ニキビ、・黒ニキビ・、赤ニキビ、・黄ニキビがあります。特に、埋没毛と間違われやすいのが黒ニキビです。黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が酸化することで黒っぽい色になるものです。鼻や額など皮脂分泌の顔の中心部によく現れます。

粉瘤



粉瘤は毛穴が詰まり、肌のターンオーバーで排出されるはずの皮脂や皮膚が毛穴の中に蓄積された状態です。毛穴の出口部分は黒い点があり、肌の内部にしこりと炎症が現れます。


埋没毛を発生させないためには



埋没毛ができてしまう原因として、ムダ毛の自己処理の方法と予防を紹介してきました。表皮に体毛が埋まってしまう埋没毛は、見た目も気になりますが、埋没毛が発生したら、お肌の炎症を防ぐためにそっとしておくことと、誤ったムダ毛処理をしないよう気を付けましょう。また、脱毛サロンでプロによる施術を受けることも、埋没毛を予防する効果的な方法といえますので、ご検討してみてください。