key_know-03

pic-42

もし、はじめての脱毛をお考えなら、ワキの脱毛からはじめてみることをお勧めします!大体のサロンでは、ワキ脱毛キャンペーンを行っている事が多いので、まずはサロンのキャンペーンを利用しててはいかがでしょうか?

ワキは、女性が選ぶ脱毛したい部位ランキングで第1位担っていることもあり、自分で毎回処理する手間と時間を考えれば、脱毛した後の感動的な解放感お約束できますよ!

ちなみにワキ脱毛に続いて脱毛したい部位ランキング2位はVIO脱毛、3位は脚脱毛、4位は顔脱毛となっており、また、最近では部分脱毛よりも最初から全身脱毛にする女性、そして男性も増えてきています!

自分で処理するよりサロンや美容外科で脱毛

pic-06

ワキはカミソリや毛抜きなどで長い間自分での処理をし続けることで、黒ずみや肌にボツボツなどの肌荒れの原因となり、きれいなお肌に治癒するまでに長い時間がかかり、ずっと残る跡になったりと、自己処理でのリスクがあります。

肌への負担を考えての電気シェーバーだと、カミソリで剃ったようなツルツルなお肌にはならず、毛が短くなるだけで、毛穴やボツボツは隠しきれなくてお悩みの方も多いです。
ワキ脱毛は、自己処理がラクになるだけでなく、肌荒れ原因を回避することで、ワキの黒ずみやボツボツ肌が改善されるので、女性には大変喜ばしいことです。

脱毛の手間や、その後のケアも考えればエステなどの専門のプロにお任せするのが長い目で見てもよいことが多いです。

ワキ脱毛について

美容・脇

ワキ脱毛について詳しくご存じない方もいらっしゃると思いますが、簡単に説明しますと、両ワキの下に生えているワキ毛を光脱毛により減耗していく施術になります。
脇毛は、思春期から生えはじめる毛ですが、ほとんどの女性は脇毛をカミソリや、毛抜きで抜いたり、除毛クリームで処理するなど一定期間で自己処理をしているかと思います。
自己処理を続けることにより、ワキに黒ずみができてしまったり、ボツボツができてしまったりなどの肌トラブルを引き起こしやすく、お肌の事でお悩みの方は大変多いです。
ワキ脱毛をすることにより、自己処理の時間や手間がかからなくなるメリットの他、脇の黒ずみやボツボツの解消に繋がるということもあり女性だけでなく男性にも大変関心が高くとても人気です。

また、脇には汗腺が多いため、肌トラブルによる匂いの解消にもつながります。
脱毛の認知が上がってきた近年では、脇毛が生えてくる前の小学生でも、発毛を防御する脱毛法を利用しているほど、幅広い年齢層の女性が利用しています。

ワキ脱毛で通う期間はどのくらい?効果はあるの?

ワキの毛について、成長期が3~5カ月、休止期も3~5カ月というサイクルになっているので、2~3カ月に一回脱毛するのが良いと言われています。 回数は、人それぞれの毛質や毛の濃さによって変わってきますが、ワキの処理がラクになるまでには目安として5回~10回を目安に見ておく必要があります。

脇脱毛の効果は、十人十色で肌質や毛量が違うため差がありますが、早い人は1回脱毛しただけでも一週間~10日ほどで、スルっと毛が抜け落ちるため、効果を実感する人もいます。

毛にはサイクルがあり、成長期→退行期→休止期を繰り返すため、何度か脱毛して徐々に毛根を弱らせていきます。

ワキ脱毛は思ったよりリーズナブル

ワキ脱毛は他の部位の脱毛と比較するとかなりお安いお値段になっていますが、脱毛サロン側としては、ワキ脱毛を安く試してもらって他の部位も施術してほしいのが本音ではあります。

ですが、それで強引な勧誘などはしたりしないので、ワキ脱毛で効果を感じて、ほかの部位にも興味が出てやってみたいと思ったらお店の人に相談してみると、詳しく丁寧に案内してくれますのでお気軽に聞いてみてくださいね。

ワキは痛いの?痛いのは苦手だと思う方へ

ここ数年の脱毛サロンやエステ、美容外科など脱毛の効果に大きな差はないといっても問題ないと思いますが、脱毛サロンで採用している光脱毛はSSC脱毛、IPL脱毛に分かれていて、若干IPL脱毛の方が痛みを感じやすいと思います。

痛さの度合いで例えるなら、ゴムで軽くパチンと弾かれるぐらいと言われていますが、ワキはふわっと温かみを感じる程度で、全く痛みを感じないという人も多く、毛抜きなどで耐えられる方なら問題ないくらいまで現在の技術は進化しています。

また、ワキ脱毛にかかる時間はほとんどが10分もかからないので、あっという間に脱毛が終了しますので、お店によっては、連射で光を当てて照射時間はわずか両ワキで5分程度で完了してくれるところもあります。

10分程度でワキ脱毛が終わるなら、学校帰りや仕事帰りに寄りやすいですく、通う事へのストレスもなく気軽に行えますので、まずはお店にお問合せ頂くか実際にお尋ねしてみてくださいね。