key_know-03


pic-44

最近はやりのブラジリアンワックス。美容に興味関心のある女性なら一度は試してみたいとお考えではないでしょうか?アンダーヘアを一気に処理できるということで、興味を持ったり実際に試したりした方もいらっしゃることでしょう。しかし、自分で行うブラジリアンワックス脱毛にはデメリットもありますので、注意する必要があります。 そこで今回は、ブラジリアンワックスのメリットとデメリット、注意点を紹介していきます。

ブラジリアンワックスってなんだろう?



ブラジリアンワックスとは、主にVIOラインのアンダーヘアを脱毛する方法の事を指します。具体的にはアンダーヘアにワックスを塗り、固まったワックスをはがすことで、同時にムダ毛も抜けるというもので、日本ではまだそれほど知名度が高くありませんが、アメリカでは美容に関心のある女性が日常的に行うほどポピュラーな脱毛方法です。

一部雑誌などで取り上げられてから多くの人が試したり、専門のサロンもできて、多くの人に知られることとなりましたね。

ブラジリアンワックスのメリットってなんだろう?



ブラジリアンワックスによるアンダーヘア脱毛には、どのようなメリットがあるのか、エステやサロンでの脱毛と何が違うのでしょうか?

毛根から抜くため美しく仕上がる



ブラジリアンワックスでは、アンダーヘアを毛根から引き抜くことで脱毛します。そのため、カミソリなどでの処理に比べてはるかにきれいに脱毛することが可能です。

ただし、永久脱毛ではないため2週間ほどで新しい毛が生え始め、1カ月半ほどで生えそろいます。きれいな状態を保つためには生えそろってから再びワックス処理を行うことをおすすめします。

サロンでの脱毛より断然安上がり



自分で行えば、サロンでのブラジリアンワックス脱毛と比較すると断然安くなります。経済的な心配をそれほどせずに脱毛できることも、大きなメリットです。

短時間で脱毛が完了してしまう



VIOラインを脱毛するには、通常はそれなりの時間が掛かりますが、ブラジリアンワックスの場合は広範囲を一気に脱毛できるため、短時間で処理が終わります。


pic-26

ブラジリアンワックスのデメリットってなんだろう?



メリットは大体理解できたと思いますが、ではブラジリアンワックスのデメリットとは何でしょうか?

肌への負担がかなり大きく、大体の人が痛がる



ワックスを一気にはがして脱毛するブラジリアンワックスは、お手軽にできるものですが、お肌への負担が大きい脱毛方法です。ムダ毛と一緒にお肌の健康的な角質をはがしてしまうため、敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

埋没毛などお肌トラブルの原因に



自分でブラジリアンワックスを行うと、埋没毛や内出血などのトラブルを引き起こす可能性があります。どちらも、デリケートな部分の見栄えが美しくないお肌トラブルの代表例になります。

コツをつかむまで時間がかかってしまう



自分で行うブラジリアンワックスは結構難しくコツをつかむまで時間がかかってしまいます。お肌だけ傷つけてしまい、痛いだけで全然脱毛できなかったなど、自分で行うよりも、ブラジリアンワックス専門店で施術してもらったり、やり方を教わりながら処理するのが良いかもしれませんね。


ブラジリアンワックスを自宅でも取り入れるためには



自宅での脱毛で、ブラジリアンワックスを取り入れられれば、普通の脱毛よりもとてもお手軽で便利な時間の短縮にもなります。しかしながらセルフ脱毛に関してはお肌へのダメージやトラブルなど、不安は多いと思います。本場アメリカほどブラジリアンワックス専門のサロンが一般的ではないのも、敷居の高さを感じるところだと思います。

ブラジリアンワックスは、デリケートなVIOゾーンを美しく整えることができます。なので、まず自分で行う前に、サロンなどで実際にプロのやり方やコツを教えてもらいながら、自宅でもできるようになった方がお肌への負担も少なくトラブルも回避できますので、一度お店で体験してみてくださいね。